年忌早見

年忌・法要年

年忌(ねんき)とは、祥月命日。また、その日に営まれる仏事のこと。
日本の仏教において、定められた年に故人に対して営まれる法要を、年忌法要(年回法要)という。追善供養のために営まれる。

故人の祥月命日の内、定められた年に営まれる法要が、年忌法要である。
宗旨、地域によっても異なるが、一般に下記の法要が営まれる。また、祥月命日に営むのが最善ではあるが、当日に都合が付かない場合は、事前に営むのが一般的である。三回忌以降は数え年の数え方であるので実際の経過年数と一致しない。

「三十三回忌」、もしくは「五十回(遠)忌」を最後の年忌にするのが一般的であり、それを「弔い上げ」、あるいは、「問切り」と呼んでおり、その時に、寺への寄進や永代供養を行う場合が多い。
なお、宗祖や中興の祖、その寺の開山などの僧などについて五十回忌以降に行われる年忌について遠忌と呼ばれることが多い。

忌明 四十九日目
一周忌 一年目
三回忌 二年目
七回忌 六年目
十三回忌 十二年目
十七回忌 十六年目
二十三回忌 二十二年目
二十七回忌 二十六年目
三十三回忌 三十二年目
三十七回忌 三十六年目
五十回忌 四十九年目

年忌・法要早見表

この表は横スクロールします

法要年 一周忌 三回忌 七回忌 十三回忌 二十三回忌 二十七回忌 三十三回忌 三十七回忌 五十回忌
令和2年 令和元年没 平成30年没 平成26年没 平成20年没 平成10年没 平成6年没 昭和63年没 昭和59年没 昭和46年没
令和元年 平成30年没 平成29年没 平成25年没 平成19年没 平成9年没 平成5年没 昭和62年没 昭和58年没 昭和45年没